ヤフオク・アマゾンで古本を売る!


このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ヤフオク・アマゾンで本は高く売れる?


個人で本を売ろうとする場合、多く利用されるのがヤフオクとアマゾンです。

ヤフオクはオークション形式で高値を付けた人に売ることが出来るというものです。

アマゾンは“マーケットプレイス”という名称のサービスで本を売ることができるのですが、これはオークション形式ではなく指定した金額で買い手が出てくるのを待つというものになります。


◆古本屋に売るのとどっちが高い?


結論から言えば、古本屋に本を売るよりもヤフオクやアマゾンで本を売ったほうが高く売ることができます。

ヤフオクやアマゾンを使えば、古本屋を介すること無く本を売れるのですからこれは当たり前のことでしょう。

つまり、ヤフオクやアマゾンを使って自分で売ることのメリットは高く売れることになります。


ただし、これは高く売れるというのは絶対の保証ではありませんし、デメリットもあります。


◆ヤフオク・アマゾンで売ることのデメリットは?

・手間がかかる

落札・注文が入る度に購入者とのやり取り、梱包・発送作業が必要となります。


・売り時を逃すことがある

本は高く売れる時期というものがあります。しかし、自分で売る場合はこの売り時を逃してしまうことがあります。 価格の初期設定を間違い売れ残ったりすることもあれば、自分で売りに出した本が必ず売れるという保証もありませんので結果として売り時を逃してしまうということになるのです。


・たくさんの本を売るには時間がかかる

これは前の2つの項目ともかぶる部分があるのですが、たくさんの本を出品したとしてもすぐに売り切ってしまえる訳ではありません。 これにより売り時を逃すことにもなります。

また、何より非常に煩雑な手間がかかりますし、たくさん出品する場合は落札や注文もいるあるか分らない状態が長く続き疲れてしまいます。


・購入者とトラブルになることがある
ヤフオクもアマゾンも悪質な購入者というのが決して多い訳ではないのですが、それでもそういった購入者にあたってしまう可能性はあります。

特にヤフオクでは個人でも自分の住所や携帯などの連絡先を教えるのが慣例として定着していますので、悪質なクレーマーに出会ってしまったときは大変です。

もちろん、こういった購入者よりも良い購入者のほうが遥かに多いので、恐れすぎる必要はありませんがトラブルにならないという思い込みは間違っています。



◆結論

手間も面倒も惜しまないのであればヤフオク・アマゾンで売るのが良いでしょう。

手間を省いて効率的に本を売りたいのであれば、古本屋に売るのが良いでしょう。


お手元の本の価値を知りたいという場合は下記から無料の事前査定にお申込みください。

     古本の無料査定はこちらからどうぞ!
          ↓↓↓↓↓↓↓

古本買取の事前査定はこちら

1点から査定可能です。簡単入力で事前に古本の買取額を通知いたします。事前査定に納得できたときだけお売り頂けます。





ヤフオク・アマゾンで本を高く売れる?のTOPへ

新着情報

古本高価買取実施中

CD,ゲームソフト,書籍の同時買取実施