フィクショネスとは?


このエントリーをはてなブックマークに追加
 

本好きが運営する本屋「定有堂書店」

*2012年7月17日制作の記事です。


定有堂書店というのは、日本で一番人口の少ない県である鳥取県にある書店です。


決して大きい書店ではありませんが、根強いファンが多い書店として知られています。



◆定有堂書店ってどんな書店?


定有堂書店は元々、書店としては地域に根差して根強いファンがいるお店でした。もちろん、本好きの間でも人気のある書店です。


この書店が有名になった原因としては、こういった地道な営業努力は当然あったでしょうが『「本屋」は死なない』(新潮社)という本で取り上げられたことも大きかったでしょう。


この本の中で定有堂書店はかなり大きなスペースを割き紹介されているのです。この本を読み来店するお客さんもいるようです。



店主はとにかく本が好きな人であるということです。町の寺子屋として「定有堂教室」を開くなど地道な活動も続ける「定有堂書店」は町の本屋の理想の形なのかもしれません。



「定有堂書店」所在地
〒680-0037 鳥取市元町121




     古本の無料査定はこちらからどうぞ!
          ↓↓↓↓↓↓↓

古本買取の事前査定はこちら

1点から査定可能です。簡単入力で事前に古本の買取額を通知いたします。事前査定に納得できたときだけお売り頂けます。





鳥取で奮闘する書店「定有堂書店」のTOPへ

新着情報

古本高価買取実施中

CD,ゲームソフト,書籍の同時買取実施