出版プロデューサーって何!?


このエントリーをはてなブックマークに追加
 

出版プロデューサーってどんな仕事?

*2012年7月16日制作の記事です。


本を読むだけ、買うだけの人にとっては出版プロデューサーというのは直接は関係してきません。


出版プロデューサーというのは、“本を出したい人”のための職業なのです。



◆出版プロデューサーとは?


出版プロデューサーというのは、基本的には出版社に所属する人ではありません。


しかし、出版社との間に何らかのコネクションがあることが多く、出版をしたいという希望を持っている人と出版社とを繋いでくれる訳です。



◆出版プロデューサーを通せば必ず出版できる?


自費出版であればともかく必ず出版できるということはありません。


しかし、何も考えずに一個人が出版社に企画や原稿を送りつけるよりは遥かに採用率は高くなると思います。


なぜかというと、出版プロデューサーの目で企画が適正か?出版社に受け入れられるか?向いている出版社は?ということを判断してもらえるからです。



ただし、出版プロデューサーと言いながら企画を右から左に流すだけの業者や、出版社との繋がりが弱い業者もいますので、今までの実績などをきちんと確認する必要はあるでしょう。




     古本の無料査定はこちらからどうぞ!
          ↓↓↓↓↓↓↓

古本買取の事前査定はこちら

1点から査定可能です。簡単入力で事前に古本の買取額を通知いたします。事前査定に納得できたときだけお売り頂けます。





出版不況の中図鑑がブーム?のTOPへ

新着情報

古本高価買取実施中

CD,ゲームソフト,書籍の同時買取実施