「南洋堂書店」とは?


このエントリーをはてなブックマークに追加
 

建築専門「南洋堂書店」

*2012年7月28日制作の記事です。


「南洋堂書店」は本の街とも言われる神保町にある書店です。


神保町にある多くの本屋と同様に古本も扱っています。


しかし、その中心となるのは“建築関係”の本なのです。


◆「南洋堂書店」ってどんな書店?


「南洋堂書店」は歴史が長く、2代目のご主人の時代から建築専門を謳うようになったそうです。


建築専門の書店とあって、その店舗もコンクリート打ちっぱなしのあまり他の書店では見られない形となっています。


扱う書籍は建築関連ですが、新刊だけではなく古本も数多く扱っています。


建築関連の洋書もかなり充実しているのが特徴です。



建築関連専門の書店はありますが、古本も併売しているところはあまり多くはありませんので新旧を問わず建築に関する本なら揃いやすくなっています。



建築専門として長く営業しているだけあって、常連客も多くなっていますので本当に貴重な本はすぐに売り切れてしまうそうなので、貴重な本が売り出されないかのチェックはまめにしたほうが良さそうです。




「南洋堂書店」所在地
東京都千代田区神田神保町1-21


参考リンク
建築書・雑誌の買取価格は?




     古本の無料査定はこちらからどうぞ!
          ↓↓↓↓↓↓↓

古本買取の事前査定はこちら

1点から査定可能です。簡単入力で事前に古本の買取額を通知いたします。事前査定に納得できたときだけお売り頂けます。





建築専門の本屋「南洋堂書店」のTOPへ

新着情報

古本高価買取実施中

CD,ゲームソフト,書籍の同時買取実施