「蟲文庫」とは?


このエントリーをはてなブックマークに追加
 

行ってみたい人が多い古本屋「蟲文庫」

*2012年7月28日制作の記事です。


「蟲文庫」は“むしぶんこ”と読みます。


岡山県倉敷市の美観地区にある古本屋なのですが、店主が「わたしの小さな古本屋」という本を出版して読んだ人の間で話題になっている古本屋です。

◆「蟲文庫」ってどんな古本屋?


「蟲文庫」は決して大きな古本屋ではありません。

しかし、昔ながらの日本家屋で営業している古本屋ということで趣のある古本屋として、地道に営業を続けています。

店内には「蟲文庫」の構成員(?)として猫、亀、メダカなどもいます。

倉敷の美観地区は観光地にもなっていますので、観光で行った際はぜひ立ち寄りたい古本屋です。

なお、店主は苔の愛好家でもあり、古本屋としての本だけではなく苔の本(苔とあるく)も出版しています。



「蟲文庫」所在地
〒710-0054 岡山県倉敷市本町11-20


参考リンク
蟲文庫HP




     古本の無料査定はこちらからどうぞ!
          ↓↓↓↓↓↓↓

古本買取の事前査定はこちら

1点から査定可能です。簡単入力で事前に古本の買取額を通知いたします。事前査定に納得できたときだけお売り頂けます。





本になった古本屋「蟲文庫」のTOPへ

新着情報

古本高価買取実施中

CD,ゲームソフト,書籍の同時買取実施