クロネコメール便以外の安い発送方法は?




クロネコメール便以外の発送方法は?

多くの業者、個人が利用していたクロネコメール便が終了すると発表されました。

さて、問題となるのはクロネコメール便にこれまで依存していた皆さまでしょう。

クロネコメール便は何と言っても1通最安で82円で送ることが出来るという安さと、コンビニに持ち込んだり、集荷依頼もできるという手軽さがありました。なかなかこれに代わるサービスというのは簡単には無いというのが現実でしょう。

それでも、それでは困るという人のためにクロネコメール便以外で安く送ることができるサービスを紹介していきましょう。



○ゆうメール便(日本郵便)
公式ページはこちら

ゆうメール便は最安で180円となります。しかし、本などを送る場合は基本的には重量の関係で300円程度はかかってしまうケースが多くなってしまうでしょう。これではクロネコメール便の代わりとしては厳しいでしょう。

しかし、特約契約を日本郵便とすることでかなり安く利用することができるようになるのです。

特約契約を結ぶための条件としては、

・後納契約すること
・年間500通〜1000通以上の発送があること
*条件については取り扱う郵便局によって違う場合もあります。

以上について該当する場合は、地域の大きい郵便局に電話をして問い合わせてみると良いでしょう。

さて、肝心のどの程度安くなるのか?については差し出す冊数にもよりますので一概には言えませんが、クロネコメール便と比較しても悪くない金額と考えて良いと思われます。

しかし、懸念材料としてはクロネコメール便が無くなることで、契約時の比較相手が無くなり日本郵便側がそこまで安い契約を持ち出さなくなる可能性があります。



〇クリックポスト(日本郵便)
公式ページはこちら

クリックポストは、3センチまでの厚み+1Kgまでのものを一律164円で送ることができるサービスです。ゆうメールと違い、追跡番号も付与されるのは安心材料と言えますね。

クロネコメール便と比較すると若干高くなりますが、3センチまでの厚みまでOKなのは嬉しいところです。こちらのサービスはちょっと変わっていてヤフーのIDを利用する形で契約をする必要があります。支払いもヤフー経由となっており、クレジットカードの登録などをする必要があります。

デメリットとしては、1Kgまでの重量制限があるため少し重めの雑誌や写真集などは重要オーバーで利用できないこともあるというです。また、クロネコメール便と比較するとやはり少し高めという印象は拭えないところでしょう。


■まとめ

クロネコメール便の代替えサービスの筆頭としては、日本郵便ゆうメール便(ただし、特約契約)となるでしょう。

ゆうメールの特約契約を結ぶ程の差出冊数が無い場合は、クリックポストとなるでしょう。



     古本の無料査定はこちらからどうぞ!
          ↓↓↓↓↓↓↓

古本買取の事前査定はこちら

1点から査定可能です。簡単入力で事前に古本の買取額を通知いたします。事前査定に納得できたときだけお売り頂けます。





クロネコメール便以外で安く送る方法をご紹介のTOPへ

新着情報

古本高価買取実施中

CD,ゲームソフト,書籍の同時買取実施