角川叢書を高く売りたい!




 

角川叢書の買取価格は?

当店は宅配買取で全国対応いたします!
買取代金は銀行振込でお手軽に受取!




◆角川叢書とは?


叢書というとちょっと難しく感じますが、簡単に言えばシリーズ物ということです。つまり、角川叢書というのは角川書店が発行するシリーズということになります。基本的には表紙の中心のイラスト以外は装丁は共通したものとなっています。



◆角川叢書を高く売る方法は?


角川叢書は基本的には買取でも高値が付くことが多いです。


その理由は非常に単純なもので、定価が高めに設定されているので元々高価な書籍だからです。角川叢書は新刊で概ね3,000円近くになっていますので一般書と比較すると倍くらいの価格設定となります。


また、こういった価格設定の本は大量の部数が発行されることはありませんので、古本市場への供給も適切なものとなり値崩れしにくくなるわけです。


とはいえ、角川叢書でもやみくもに売りにだすと安い買取価格に驚かれることもあるかもしれません。それを避けるためにも高く売りたいという場合は、1点ずつの査定額をきちんと教えてくれる古本屋に売るようにしましょう。なお、当店ではメール査定で1点ずつの査定額を提示させて頂きます。


(当店の買取価格例)

「地名の歴史学」 買取価格600円

「フリードリヒへの旅」 買取価格586円

*あくまでも2012年12月現在の一例であり、買取価格は常に変動しています。



◆買取NGの角川叢書


大変申し訳ありませんが、下記に該当するものは買取を行うことができません。

書き込みがあるもの
・イタミが非常に強いもの



◆事前査定の方法は?


事前査定の方法は簡単です。

本の裏面に記載してあるISBN番号をお知らせ頂けましたら1点ずつの査定額をメールでお知らせいたします。


ISBN番号とは?

*ご入力時は「ISBN」の文字、「-(ハイフン)」は省略して頂けますようお願いいたします。


*ISBN番号が無い場合は、一番下の備考欄に「タイトル」「著者名」「出版社名」「発行年」をご入力ください。


             


     発送方法等はメールにてご案内いたします。
 *事前査定額2,000円以上で送料無料(着払い)でお送り頂けます。

↓↓↓ こちらから買取査定をお申し込み頂けます ↓↓↓ 

*他分野の古本も同時に査定お申込み頂けます。


角川叢書買取のTOPへ

新着情報

古本高価買取実施中

CD,ゲームソフト,書籍の同時買取実施






●古本買取手順

STEP1
メールで事前査定
    ↓
STEP2
納得できたら宅配で送る
    ↓
STEP3
買取代金を銀行振込