出版社が株主?


このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ブックオフの株主は誰?



ブックオフというのは基本的には古本を中心に扱う本屋であり、新刊書店を扱う本屋からすると脅威でしょう。

また、出版社から見ても古本販売は利益をもたらさらないのですから、歓迎すべき存在ではないのは確かです。


しかし、驚くべきことにブックオフの株主の中には出版社もいれば、大手新刊書店もいるのです。



◆出版社と新刊書店が株主!?


出版社としてブックオフの株主になっているのは、

講談社
小学館
集英社



出版社としては、超有名な会社です。


更に、新刊書店の大手も株主になっています。新刊書店で株主になっているのは、

丸善


こちらも書店としては老舗の大手です。



◆なぜ株主に?


普通に考えれば、出版社にとっても新刊書手にとっても敵であり脅威でしょう。


しかし、新刊を扱う出版社・書店にとっても現在は本が売れない時代であり、色々なやり方や販路を検討しなくてはいけない時期になってきたということなのでしょう。


出版大手や、新刊書店としてもブックオフと共存共栄の道を探っている状態と言えます。




参考リンク
ブックオフの買取価格は安いのか?



     古本の無料査定はこちらからどうぞ!
          ↓↓↓↓↓↓↓

古本買取の事前査定はこちら

1点から査定可能です。簡単入力で事前に古本の買取額を通知いたします。事前査定に納得できたときだけお売り頂けます。





ブックオフの株主は出版社?のTOPへ

新着情報

古本高価買取実施中

CD,ゲームソフト,書籍の同時買取実施