国際電子出版EXPOを解説!


このエントリーをはてなブックマークに追加
 

国際電子出版EXPOとは?

*2012/7/5制作の記事です。

2012年になり、アマゾンがついに日本でもアマゾンキンドル(kindle)を発売することを発表したり、楽天が「kobo Touch(コボタッチ)」で電子書籍市場に参入したりなど 電子書籍に関する話題が日々増えています。

そんな中2012年7月4日に開催されたのが「国際電子出版EXPO」です。


◆国際電子出版EXPOとは?

簡単に言えば電子書籍の見本市です。

ゲームであれば、「ゲームショウ」がありますし、車関係であれば「モーターショー」がありますがその電子書籍版と言えば分りやすいでしょうか。

規模もかなり大きなもので、国内外150社が参加する電子書籍の一大イベントと言ってよいでしょう。

2012年の国際電子出版EXPOでは、凸版印刷の電子書籍サービス「Book Live!」を公開したり、グローリー社が電子書籍の自動販売機を展示したりするなど 正に電子書籍の最先端を体験できるイベントとなったようです。



参考リンク
amazon Kindleいよいよ上陸で古本はどうなる?
楽天が電子書籍を本格始動!?kobo Touch(コボ タッチ)とは?
電子書籍は書籍ではない!?
電子書籍も取次会社が必要に?
電子書籍が古本として売れる!?



     古本の無料査定はこちらからどうぞ!
          ↓↓↓↓↓↓↓

古本買取の事前査定はこちら

1点から査定可能です。簡単入力で事前に古本の買取額を通知いたします。事前査定に納得できたときだけお売り頂けます。





「国際電子出版EXPO」とは?のTOPへ

新着情報

古本高価買取実施中

CD,ゲームソフト,書籍の同時買取実施