電子書籍を売れる?


このエントリーをはてなブックマークに追加
 

電子書籍が古本に?

*この記事は2012年7月9日に制作したものです。


電子書籍は手に取ることはできません。もちろん、電子書籍を読むためのハード(Kindle、Kobo等)は触れますが電子書籍はあくまでもデータだからです。


しかし、もしかしたら電子書籍を古本として売れる時代がくるかもしれません。


◆電子書籍のデータを売っても良い!?


電子書籍に限らず、電子データで提供されるプログラムやソフトは基本的には購入者のみが利用でき、購入者であっても他社に販売することはできません。


しかし、欧州司法裁判所で画期的な判断が出されたのです。

その判断というのが、

「購入者同士で電子データのライセンス(利用権)を売買しても良い」

というものです。


つまり、これが電子書籍でもOKとなれば読み終わった電子書籍をデータを転送するなどして、売ることが可能になるかもしれないのです。


電子書籍のデメリットとして、読み終わった後に売ることができないというものがあったのですが、もしこれが実現すれば電子書籍のデメリットが一つ消えることになります。


なお、当たり前ですが電子書籍を複製して販売することが認められたというものではありません。




参考リンク
Amazon Kindleいよいよ上陸で古本はどうなる?
楽天が電子書籍を本格始動!?kobo Touch(コボ タッチ)とは?
電子書籍は書籍ではない!?
電子書籍も取次会社が必要に?



     古本の無料査定はこちらからどうぞ!
          ↓↓↓↓↓↓↓

古本買取の事前査定はこちら

1点から査定可能です。簡単入力で事前に古本の買取額を通知いたします。事前査定に納得できたときだけお売り頂けます。





電子書籍が古本として売れる!?のTOPへ

新着情報

古本高価買取実施中

CD,ゲームソフト,書籍の同時買取実施